平成30年度研修会および総会報告!

【研修報告】 平成30年5月13日(日)13:30~16:45まで。仙台市市民活動サポートセンターにて平成30年度研修会および総会が開催されました(46名参加)。 今年度1回目は、認知症介護研究・研修仙台センター副センター長の阿部哲也先生をお招きして「認知症介護における人材育成‐職場における指導‐」をテーマに講義していただきました。講義満足度4.9点(5点満点)と好評だったように思います。 ★講義では新人の課題、ケア場面で困ること、指導のポイントについての詳細な解説。そして、アセスメントの指導、認知症ケアの指導について事例を用いてグループワークで考えていただきました。 「できる人へ育てるために」必要な視点として①できないことを理解する②伝えて終わらない、伝わるまで ③可能性を見つけて支援する、ことが大切であることを改めて意識することができました。 虐待はなぜなくならないのか…その原因として①自分の介護行為を客観的に評価できない ②具体的な悪いケアモデルを持っていない ③BPSDへの対応方法がわからない ④高齢者を見ていない、の4つ挙げられました。 研修後のアンケートでは虐待の原因に関して①認知症ケアやアセスメントの活用方法等の知識不足19%、②仕事上のストレス18%、③職業倫理や介護理念の薄れ17%…と上位を占める結果になりました。 ★総会ではH29年度活動報告、決算報告、H30年度活動計画案、予算案等の報告があり、全てにおいて承認していただきました。 今年度も森本浩史会長(株式会社エムズ)を筆頭に10名体制で皆様のニーズにお応えできるような研修企画、運営をしていきたいと思いますので何卒よろしくお願いいたします。今後もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いたします。 ★次回は平成30年9月9日(日)仙台市市民活動サポートセンターで開催予定です。内容は事例検討会を予定しておりますが、詳細が決まり次第お知らせいたします。

お知らせ
アーカイブ
タグ
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now